初心者でもわかりやすい金融用語集

特定口座

特定口座とは、日本の証券取引において、投資家が証券会社に開設する口座の一種です。この口座を利用することで、 株式 株式株式とは、企業が資金を調達するために発行する証券の一種であり、これを購入することで投資家はその企業の所有権の一部を持つことになります。株式を保有することで、投資家は企業の利益の一部を配当として受け取る... 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... などの売買による利益(譲渡益)にかかる税金の計算や申告が簡単になります。

特定口座には、 源泉徴収 源泉徴収源泉徴収とは、所得が発生する際に、その所得を支払う人(支払者)が所得税などの税金を所得者の代わりに国に直接納める制度です。このシステムにより、給与所得者などは自分で税金を計算し納税する手間が省け、税金... あり(源泉徴収あり特定口座)と源泉徴収なし(源泉徴収なし特定口座)の二種類があります。源泉徴収ありの場合、証券会社が投資家に代わって税金を計算し、必要な税金を源泉徴収して納税します。一方、源泉徴収なしの場合は、投資家自身が利益に対する税金を計算し、確定申告を行う必要があります。

特定口座は、2003年1月から導入され、投資家が自分の証券取引に関する税務処理を容易に行えるように設計されています。これにより、多くの投資家が確定申告の手間を省くことができるようになりました。