初心者でもわかりやすい金融用語集

ハイパワード・マネー

ハイパワード・マネーとは、中央銀行が発行する通貨のことで、通常、紙幣やコイン、そして中央銀行の預金残高を指します。この用語は、中央銀行が発行するお金が金融システムにおいて「高い影響力」を持つことから来ています。

金融政策として中央銀行はハイパワード・マネーをコントロールすることで マネーサプライ マネーサプライマネーサプライとは、経済内で利用可能なお金の総量を指します。これには現金だけでなく、銀行預金などの形で存在するお金も含まれます。なお日本銀行は「マネーサプライ」に代わり「マネーストック」という名称を用... 調整 調整調整とは、株式投資などにおいて、市場や個別の株価が過熱したり、過小評価されたりした際に、価格が平均的な水準に戻る過程を指します。この過程は、投資家が利益を確定するために売却したり、価格が下落したときに... することできます。ハイパワード・マネーは、経済におけるお金の供給量を増やすための基盤となり、商業銀行が顧客に貸し出す際の「予備金」として機能します。中央銀行は、このハイパワード・マネーを通じて金融政策を実施し、経済の安定や成長を目指します。

たとえば、中央銀行が市場にハイパワード・マネーを供給することで、商業銀行はより多くの貸出を行うことができ、これが経済活動の促進につながるとされています。逆に、中央銀行がハイパワード・マネーの供給を減らすと、貸出が抑制され、経済の過熱を防ぐ効果が期待されます。

このように、ハイパワード・マネーは金融政策の重要なツールとして機能し、経済全体に大きな影響を及ぼす可能性があります。