初心者でもわかりやすい金融用語集

源泉分離課税

源泉分離課税とは、特定の所得に対して適用される課税方法で、所得を受け取る際にその場で税金が差し引かれ、それで納税手続きが完了する制度です。この方式では、差し引かれた税金により納税が完了するため、その所得について確定申告をする必要がありません。

源泉分離課税の対象となるのは、主に利子所得や一定の 投資信託 投資信託投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、その資金をプロの運用会社が株式や債券などのさまざまな金融商品に投資し、その運用成果を投資家に分配する仕組みです。 投資家は投資信託の証券(通常は「口」と呼... からの 配当 配当配当とは、利益の一部を株主に分配することです。配当は株主に還元する方法の一つで、通常は現金で支払われますが、株式(株式配当)や他の資産の形で支払われることもあります。 配当を受け取る権利があるのは、... 、懸賞金、特定の 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... から得られる収益などで、他の所得と分離して一定の税率で税金が 源泉徴収 源泉徴収源泉徴収とは、所得が発生する際に、その所得を支払う人(支払者)が所得税などの税金を所得者の代わりに国に直接納める制度です。このシステムにより、給与所得者などは自分で税金を計算し納税する手間が省け、税金... されます。