初心者でもわかりやすい金融用語集

CPI

CPIとは、Consumer Price Index( 消費者物価指数 消費者物価指数消費者物価指数(CPI)とは、一般的に消費者が購入する商品やサービスの範囲にわたる価格の変動を測定する指標です。略してCPI(Consumer Price Index)とも呼ばれます。 この指数は、... )の略称で、一般的な消費者が購入する商品やサービスの価格の変動を測る指標です。この指数は、食品や衣類、住宅、交通費など、日常生活に必要な一連の商品とサービスの価格を追跡し、それらの価格が時間とともにどのように変化するかを示します。

CPIは、インフレーション(物価上昇)やデフレーション(物価下降)の測定に用いられ、経済の健全性を評価するための重要な指標の一つです。政府や中央銀行は、CPIを参考にして金融政策を決定し、たとえばインフレが高い場合には金利を上げるなどの措置を取ることがあります。

また、CPIは給与や年金などの生活給付金の 調整 調整調整とは、株式投資などにおいて、市場や個別の株価が過熱したり、過小評価されたりした際に、価格が平均的な水準に戻る過程を指します。この過程は、投資家が利益を確定するために売却したり、価格が下落したときに... にも使われることがあり、物価の変動に合わせてこれらの支払い額が増減することがあります。消費者にとっては、物価の変動を理解し、自身の購買力がどのように影響を受けているかを知るための重要な指標となります。