初心者でもわかりやすい金融用語集

消費者物価指数

消費者物価指数( CPI CPICPIとは、Consumer Price Index(消費者物価指数)の略称で、一般的な消費者が購入する商品やサービスの価格の変動を測る指標です。この指数は、食品や衣類、住宅、交通費など、日常生活に必... )とは、一般的に消費者が購入する商品やサービスの範囲にわたる価格の変動を測定する指標です。略してCPI(Consumer Price Index)とも呼ばれます。

この指数は、日常生活に必要な一連の商品とサービスの価格を追跡し、それらの価格が時間とともにどのように変化するかを示します。CPIは、一定期間にわたる物価の上昇や下降、つまりインフレーションやデフレーションの傾向を把握するために用いられます。価格変動の激しい生鮮食品を除いたCPIのコア指数、さらにエネルギーも除いたコアコア指数も、本格的なインフレーションの傾向を把握するために用いられます。

政府や中央銀行は、CPIを経済政策の策定や金融政策の決定に利用し、たとえば、インフレ率が高い場合には金利を引き上げるなどの措置を取ることがあります。また、CPIは一般の消費者にとっても、生活コストの変化を理解する上で重要な指標となります。