2017年にNISA(少額投資非課税制度)の口座を使って投資した上場株式等は、2021年末に非課税期間が終わります。この非課税期間を延長できるロールオーバーの実践的な対処法等を公認会計士・税理士の足立 武志氏に解説していただきました。

NISA(ニーサ)の非課税期間を5年間延長できるロールオーバーとは

NISAとは、年間120万円までの投資金額に対して5年間売却益と配当金が非課税になる制度です。NISA口座内の上場株式等の配当を非課税で受取るためには、配当金の受取方法を「株式数比例配分方式」にしていることが前提になります。

NISAは2014年に始まった制度です。NISAは始まってから2年間は年間100万円だった非課税投資額が、2016年以降は120万円に増えました。

2017年にNISA口座を使って投資した株を現在も保有している場合は、2021年で非課税期間が終わります。

図表1の通り、2017年に100万円で投資した場合、2021年は5年目となります。5年経って特段の手続きをしない場合は通常の口座に移り、その後は売却益や配当金が課税対象となります。ただしロールオーバーをすることによって、2022年のNISA枠を使用することができ、さらに5年間非課税の期間を延ばすことができます。

【図表1】
出所:マネックス証券作成

2017年にNISA口座で投資した株式の3つ選択肢

1.今年中(※受渡日ベースでの2021年の年内最終取引日まで)に売ってしまう
2.通常の口座へ移管する
3.ロールオーバー

通常の口座というのは、特定口座を開設している場合は特定口座に移管され、特定口座を作ってない方は一般口座に移管されます。何もしないと自動的に課税口座である通常の口座への移管になります。

ロールオーバーしない方が得な場合もある

一つの考え方として、今後株価が下落しそうだと考えるなら今年中に売る、または通常の口座へ移す、現時点で含み損を抱えている銘柄やこれから株価が上昇しそうな銘柄はロールオーバーする、という方法もあります。

ただし、そもそも今後株価が下落しそうとか上昇しそうというのは判断が難しいと思います。ご自身の考えで割り切って決めてしまうのがよいのではないでしょうか。考え方のポイントを解説します。

【図表2】
 

ロールオーバーするか否かを判断する実践的な対処法

ロールオーバーしたほうがよいと考えられるケース

2017年に購入した銘柄が下落している場合

例えば100万円で投資した株が現在60万円に下がっているケースだと、売却したり通常の口座に移管すると損失が切り捨てられてしまいます。

通常の口座での売却損や配当金と損益通算しても残ってしまった損失は翌年以降3年間繰り越せますが、NISAでは売却損の繰り越しも、売却損と配当金との損益通算も一切できません。この損失が切り捨てられないように、ロールオーバーの制度を使って、いわば延長戦をすることになります。

ただし、業績悪化などにより今後の株価上昇が見込めないようであれば、ロールオーバーしないという選択肢もあります。

更に長期的に値上がりすると判断できる場合

2017年に100万円で購入した銘柄が現在200万円まで上昇し、さらに2022年以降の5年間の間に300万円になる可能性が十分考えられるなど、株価が投資した金額以上に値上がりし、さらに値上がりすると判断する要因があるのであればロールオーバーを検討しましょう。

売却または通常の口座へ移管したほうがよいと考えられるケース

例えば、すでに株価が底値から大きく上昇しているため、これからさらなる株価の上昇を期待するのはちょっと難しそうだなと考える場合は売却する、もしくは通常の口座へ移管するのがよいでしょう。

大きく値上がりした後に通常の口座に移管した場合、値上がり分が取得価格に反映されることで、その後の売却時に課税される利益を減らす効果があります。

例えば2017年に100万円で購入、2021年末の株価が200万円とすると、通常の口座に移管する際の取得価格は100万円ではなく200万円になります。

【図表3】
 

新たに魅力的な銘柄に投資したい場合の考え方と手続きの期限について

ロールオーバーをすることにより2022年のNISAの枠120万円を使うことになります。ですから2022年のNISA枠につきロールオーバーによって消化するか、それともロールオーバーしないで新しい株を見つけて投資するか、ここでも選択を迫られているわけです。

非常に判断は難しいのですが、ご自身で魅力を感じている銘柄がもし他にあれば、ロールオーバーで枠を利用するのではなく、2022年のNISA枠は新しい銘柄を購入するという考え方もあります。

そうではなくて、現時点でなかなか魅力的な銘柄がないというのであれば、とりあえずロールオーバーできるものはしてしまう考え方もあります。

その後の値動き次第でその判断が成功だった否かが分かる結果論でしかないため、売却するか、ロールオーバーするか、通常口座に移管するかは割り切ってご自身で「こうしよう」と決めるほかありません。

ロールオーバーはその年の時価で移管されます。前述した通り、ロールオーバーを選択すると2022年の非課税枠を使うことになります。この場合には2017年に投資した金額ではなく、2021年の最終営業日時点の時価で移管されます。

例えば2017年のNISA枠を使って100万円で投資した株の時価が2021年に50万円だとすると、120万円の非課税枠のうち50万円を使います。その結果、非課税枠は70万円残りますから、この分で新しくNISA口座で株を買うことができます。

100万円で買った株が2021年末に200万円になっている場合は、ロールオーバーそのものはできますが、時価が非課税枠120万円を超えていますからロールオーバーにより2022年の非課税枠を使い切ることになり、ロールオーバー分以外に新たに買うことはできません。

【図表4】
 

NISAは非課税制度で税金が絡むので、NISA口座を利用されている方は、「ロールオーバーするか否か」を決断し、ロールオーバーする場合は手続きを早めにする必要があります。(手続きの期限はお取引先の金融機関にご確認ください。マネックス証券では2021年11月30日までの必着となります。)

※年内最終取引日は商品によって異なります。例えば上場株式であれば2021年は12月28日が最終取引日で、12月29日以降は2022年の取引として扱われます。

※当コンテンツは2018年11月19日収録セミナーを再構成・加筆し、2021年10月20日に更新した記事です。