初心者でもわかりやすい金融用語集

四本値

四本値とは、株式や 先物取引 先物取引先物取引とは、元となる商品(原資産)について将来の決められた日に決められた価格で売買することを事前に約束する取引です。この取引は、先物市場と呼ばれる専門の市場で行われます。 先物取引は、価格変動リス... などの金融商品の価格変動を表すために用いられる 高値 高値高値とは、株式や商品などの金融資産が取引される市場において、特定の期間内で記録された最も高い価格のことを指します。 たとえば、株式市場においては、1日の取引時間中に記録された最高の株価をその日の高値... 安値 安値安値とは、株式や商品などの金融資産がある期間内で取引された最も低い価格のことを指します。例えば、1日の取引であればその日の最低価格、1年間であればその年の最低価格を意味します。 投資家は安値を参考に... 始値 始値始値とは、株式や商品などの金融市場で取引が開始された時点での最初の取引価格のことです。「寄付き値」とも呼ばれます。市場が開くと、多くの注文が一斉に処理されるため、この価格は前日の終値とは異なることがよ... 終値 終値終値とは、株式やその他の金融商品が取引市場でその日の取引が終了した時点での最後の取引価格のことです。株式市場では、毎日取引が行われ、価格は常に変動していますが、終値はその日の市場が閉まる時の価格を指し... の4つの価格の総称を指します。

始値とは、市場が開くときの最初の取引価格のことで、その日の取引が始まる基準となる価格です。終値とは、市場が閉じるときの最後の取引価格のことで、その日の取引を締めくくる価格として参照されます。
高値はその日の取引時間中に記録された最も高い価格を、安値は最も低い価格を示しており、これらの情報は投資家が市場の動向を分析する際に重要な指標となります。

四本値は、 チャート チャートチャートとは、金融市場における価格の動きや取引量などのデータを視覚的に表現したグラフのことです。通常、横軸に時間を、縦軸に価格や取引量を配置し、一定期間の価格変動を把握するために用いられます。 チャ... 分析において ローソク足 ローソク足ローソク足とは、一定期間の相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成したもので、このローソク足を並べていくことで、相場の状態や流れを一目でわかるようにしたチャートをローソク足チ... などの形で視覚的に表されることが多く、市場のトレンドやボラティリティ(価格変動の激しさ)を把握するために利用されます。