用語分類「分析」

ハイパワード・マネー
ハイパワード・マネーとは、中央銀行が発行する通貨のことで、通常、紙幣やコイン、そして中央銀行の預金残高を指します。この用語は、中央銀行が発行するお金が金融システムにおいて「高い影響力」を持つことから来...
リスクプレミアム
リスクプレミアムとは、リスクのある資産の期待収益率から無リスク資産の収益率を引いた差のことを指します。 投資には様々なリスクが伴います。たとえば、企業が倒産するリスク、株価が変動するリスク、通貨の価...
VWAP
VWAPとは、Volume Weighted Average Price(出来高加重平均価格)の略称で、株式などの金融商品が一定期間にわたって取引された平均価格を、取引量で重み付けして算出したものです...
仲値
仲値とは、為替市場において、買値と売値の中間の価格のことを指します。TTM(Telegraphic Transfer Middle rate)とも呼ばれます。 為替市場で通貨を取引する際、買いたい人...
騰落率
騰落率とは、株価や指数などの価値が一定期間内でどの程度上がったり下がったりしたかを示す割合のことです。この率は、通常パーセンテージ(%)で表され、価格の変動を数値化して投資家が市場の動向を理解しやすく...
貸借倍率
貸借倍率とは、株式市場における投資家のセンチメント(市場心理)を測る指標の一つです。具体的には、制度信用取引において、投資家が証券会社から受けた融資残高(買い残)を貸株残高(売り残)で割ったものを指し...
騰落レシオ
騰落レシオとは、株式市場における市場の強弱を測る指標の一つです。具体的には、一定期間内における株価が上昇した銘柄数と下落した銘柄数の比率を示します。 この指標は、市場全体の動きを捉えるために用いら...
預金準備率操作
預金準備率操作とは、金融機関が中央銀行に預け入れる必要のある最低限の資金比率(預金準備率)を調整する、中央銀行が行う金融政策の一つです。 この比率を変更することにより、中央銀行は市場に流通する資金量...
買い越し
買い越しとは、ある一定期間で投資家が買った株式の数が売った株式の数を上回る状態を指します。これは一般に、投資家がその市場や特定の銘柄に対して楽観的な見方をしていることを示すと考えられます。 買い越し...
短期金融資産
短期金融資産とは、企業や投資家が短期間で換金可能な、または元本が保証されている金融商品のことで、コールローンや商業手形、財務省短期証券(T-Bills)などが代表例です。 短期金融資産は、通常、1年...
金利変動リスク
金利変動リスクとは、金利の変動によって資産の価値や収益が影響を受ける可能性のことです。 たとえば、金利が上昇すると、固定金利で借り入れた資金を持つ企業や個人は、相対的に低い金利で資金を利用できるため...
ベーシスポイント
ベーシスポイントとは、金利や投資収益率などの変動を表す際に使用される単位です。1ベーシスポイントは0.01%(百分の一パーセント)を意味し、金融の世界では小さな金利変動を正確に表現するために使われます...
ベータ値
ベータ値とは、ある株式や投資ポートフォリオが市場全体の動きにどの程度敏感に反応するかを示す指標です。具体的には、市場全体が一定の割合で変動したときに、その株式やポートフォリオがどれだけ変動するかを数値...
売り越し
売り越しとは、ある一定期間で投資家が売った株式の数が買った株式の数を上回る状態を指します。これは、投資家がその市場や特定の銘柄に対して悲観的な見方をしていることを示唆することがあります。 売り越しは...
配当性向
配当性向とは、企業が稼いだ利益のうち、株主に対して配当として支払われる割合のことです。この性向は、企業がどれだけの利益を再投資に回すか、または株主に還元するかの方針を示しています。 具体的には、配当...
前日比
前日比とは、株価や指数などの金融商品が市場で取引される際、前の取引日の終値と比較して、その日の終値がどれだけ変動したかを示す数値やパーセンテージです。 たとえば、ある株の前日の終値が1000円で、今...
品貸料
品貸料とは、制度信用において、株式を借りる側(売り方)が支払い、株式を貸す側(買い方)が受け取る料金です。逆日歩ともいいます。 具体的には、証券金融会社に株式の不足等が生じた場合、証券金融会社は外部...
調整
調整とは、株式投資などにおいて、市場や個別の株価が過熱したり、過小評価されたりした際に、価格が平均的な水準に戻る過程を指します。この過程は、投資家が利益を確定するために売却したり、価格が下落したときに...
寄り付き
寄り付きとは、株式市場において前場(ぜんば=午前中の取引)と後場(ごば=午後の取引)の最初の取引のことを指します。 市場が開く前に、投資家たちは株式を売買するための注文を出します。これらの注文は市場が...
ロングショート戦略
ロングショート戦略とは、投資において株式の「空売り」と「買い」を組み合わせ、株式が本源的に有するリスク(市場リスク)を抑えつつ、売りポジションと買いポジションとの値動きの差を収益源とする投資手法です。...
前へ 1 2345678910 ... 次へ