初心者でもわかりやすい金融用語集

安値

安値とは、株式や商品などの金融資産がある期間内で取引された最も低い価格のことを指します。例えば、1日の取引であればその日の最低価格、1年間であればその年の最低価格を意味します。

投資家は安値を参考にして、資産が過去にどの程度の価格まで下落したかを把握し、投資判断の一つの指標として利用します。安値は、市場のセンチメントや特定の金融資産に対する需要の低さを反映することがあります。