初心者でもわかりやすい金融用語集

ROA

ROAとは、Return on Assetsの略称で、日本語では「総資産利益率」と呼ばれます。これは企業が保有する資産をどれだけ効率的に利用して利益を生み出しているかを示す指標です。

具体的には、企業の利益を総資産で割ることによって計算されます。この比率が高いほど、企業が少ない資産で多くの利益を上げていると評価されます。

ROAは投資家にとって、企業の経営効率を判断するための重要な指標の一つです。また、異なる業種や規模の企業間での比較にも用いられることがあります。