初心者でもわかりやすい金融用語集

信用倍率

信用倍率とは、株式市場における投資家の 信用取引 信用取引信用取引とは、投資家が証券会社からお金や株を借りて、株式取引を行う方法です。信用取引を利用することで、投資家は自分の持っている資金以上の金額で株を買ったり、まだ所有していない株を売ったり(空売り)する... の状況を示す指標の一つです。

信用倍率は、信用買残(投資家が借りた株をまだ返していない状態)と信用売残(投資家が借りたお金で株を売った後、まだ買い戻していない状態)の比率を計算して求められます。具体的には、信用買い残÷信用売り残で求めることができます。

この倍率が高い場合、市場参加者が株価の上昇を期待して株を買っている状況を示していると解釈されることが多いです。逆に、倍率が低い場合は株価の下落を予想して売りポジションを多く持っていると考えることができます。

ただし、信用倍率だけで市場の動向を完全に判断することはできず、他の多くの要因と合わせて分析する必要があります。