初心者でもわかりやすい金融用語集

金融政策決定会合

金融政策決定会合とは、中央銀行が国の金融政策に関する重要な決定を行うために定期的に開催する会合です。会合では、経済の現状やインフレーションの抑制、経済成長の促進を目的として、金利設定や市場への資金供給量の 調整 調整調整とは、株式投資などにおいて、市場や個別の株価が過熱したり、過小評価されたりした際に、価格が平均的な水準に戻る過程を指します。この過程は、投資家が利益を確定するために売却したり、価格が下落したときに... などの政策が決定されます。

特に日本では、日本銀行(日銀)がこの重要な役割を担い、金融政策決定会合は日銀の政策委員会によって実施されます。会合では準備預金制度の準備率、金融市場調節の方針、金融政策判断の基礎となる経済や金融の情勢に関する基本的見解などが討議されます。これらの会合は年に8回に行われ、決定内容は会合終了後に即座に公表され、金融市場に大きな影響を与えます。