初心者でもわかりやすい金融用語集

純資産

純資産とは、企業や個人が持つ資産の価値から負債(借金など)を差し引いた金額のことです。これは、その企業や個人の経済的な価値や財務の健全性を示す指標として用いられます。

たとえば、ある企業が不動産、株式、現金などの形で1000万ドルの資産を持っているとします。その企業が500万ドルの負債を抱えている場合、純資産は1000万ドルから500万ドルを差し引いた500万ドルとなります。

個人の場合も同様で、家、車、銀行口座の残高などの資産から、住宅ローンやクレジットカードの借金などの負債を差し引いた金額がその人の純資産になります。

純資産は、バランスシート上で 株主資本 株主資本株主資本とは、会社の財務諸表において、株主からの出資や過去の利益の蓄積など、株主に帰属する資本のことを指します。これは、会社が所有する資産から負債を差し引いた残りの部分であり、自己資本とも呼ばれます。... や自己資本としても表され、企業の財務状態を評価する際に重要な役割を果たします。資産全体に対する純資産総額の割合を 自己資本比率 自己資本比率自己資本比率とは、企業の財務の健全性を示す指標の一つです。企業が持っている資産のうち、株主からの出資や過去の利益の蓄積など、株主に帰属する資本(自己資本)が、総資産に占める割合をパーセンテージで表した... といいます。