初心者でもわかりやすい金融用語集

貸借倍率

貸借倍率とは、 株式 株式株式とは、企業が資金を調達するために発行する証券の一種であり、これを購入することで投資家はその企業の所有権の一部を持つことになります。株式を保有することで、投資家は企業の利益の一部を配当として受け取る... 市場における投資家のセンチメント(市場心理)を測る指標の一つです。具体的には、 制度信用取引 制度信用取引制度信用取引とは、信用取引の一種で、証券取引所により品貸料の金額や弁済の期限などが決められている信用取引を指します。これに対して、証券会社が個々に品貸料の金額や弁済の期限を定めているものを一般信用取引... において、投資家が証券会社から受けた融資残高(買い残)を 貸株 貸株貸株とは、株式を所有している投資家が、他の投資家に対して一定期間株式を貸し出すことです。株式を貸し出した側は、その間に発生する配当相当額とともに、貸株料を受け取ることができます。 この取引は、主に信... 残高(売り残)で割ったものを指します。

貸借倍率が高いということは、多くの投資家が買いのポジションを建てていることを意味しており、将来的にそれらの 建玉 建玉建玉とは、金融取引において、投資家が現在保有している未決済のポジション(取引の契約)のことを指します。具体的には、信用取引や先物取引等において、まだポジションを決済(売買契約を終了させること)していな... を決済するための売り圧力が大きくなってくると予想されます。逆に、貸借倍率が低い場合は、投資家が 空売り 空売り空売りとは、株式やその他の金融商品が将来価格が下がると予想される時に利益を得るための取引手法です。投資家は、まず信用取引などを利用することで証券会社から現物株式を借りて、現在の市場価格で売ります。その... のポジションを建てており、将来的な買い圧力が大きくなってくることが予想されます。

貸借倍率は、特に空売りが多い銘柄について市場の感情を読み取るのに役立つため、投資戦略を立てる際の参考情報として利用されます。ただし、この指標だけで市場の動向を完全に理解することはできないため、他の多く指標と組み合わせて分析する必要があります。