初心者でもわかりやすい金融用語集

ROE

ROEとは、Return on Equityの略称で、日本語では「自己資本利益率」と呼ばれます。これは、企業が株主から預かった資本(自己資本)をどれだけ効率的に利益を生み出すために使っているかを示す指標です。

具体的には、企業の純利益を自己資本で割ることで計算されます。この比率が高いほど、企業が株主の資本を効率的に使って高い利益を上げていると評価されます。

ROEは投資家が企業の パフォーマンス パフォーマンスパフォーマンスとは、投資における成果や効果のこと、また過去の価格の動きを指します。具体的には、投資した資産がどれだけの収益を生み出したか、または損失を出したかを示す指標です。 投資のパフォーマン... を評価する際によく使われる指標の一つであり、企業の財務健全性や成長性を判断する上で重要な役割を果たします。ただし、ROEが高いことが常に良いとは限らず、借入金によって自己資本が少なくなっている場合など、その背景を理解することも重要です。