初心者でもわかりやすい金融用語集

代用有価証券

代用 有価証券 有価証券有価証券は、所有者に対して一定の権利を与えるもので、例えば株式の場合は会社の権利の一部を、債券の場合は将来的に金銭を返済する権利を表します。... とは、 信用取引 信用取引信用取引とは、投資家が証券会社からお金や株を借りて、株式取引を行う方法です。信用取引を利用することで、投資家は自分の持っている資金以上の金額で株を買ったり、まだ所有していない株を売ったり(空売り)する... を行う際の委託保証金、 先物取引 先物取引先物取引とは、元となる商品(原資産)について将来の決められた日に決められた価格で売買することを事前に約束する取引です。この取引は、先物市場と呼ばれる専門の市場で行われます。 先物取引は、価格変動リス... を行う際の委託 証拠金 証拠金証拠金とは、先物取引やFX、オプションなどの取引をする際に、取引により損失が生じた場合でも決済ができるように一定額の金銭を預けておく必要があります。この預け入れる金銭を「証拠金」と呼び、証拠金を使用し... オプション オプションオプションとは、将来の特定の日または期間に、あらかじめ決められた価格で資産(株式や商品など)を買うか売るかを決定する「権利」のことです。オプションには「コールオプション」と「プットオプション」の2種類... 取引を行う際の取引証拠金の代わりに担保として投資家から預託される有価証券のことです。

投資家は、現金で保証金や証拠金を用意できなくても、自身で保有する現物株式や 投資信託 投資信託投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、その資金をプロの運用会社が株式や債券などのさまざまな金融商品に投資し、その運用成果を投資家に分配する仕組みです。 投資家は投資信託の証券(通常は「口」と呼... を代用有価証券とすることで、信用取引を行うことができます。

代用有価証券は、通常、価格変動のリスクがあるため、時価に一定の掛け目をかけた金額で担保として評価されます。