初心者でもわかりやすい金融用語集

オプション

オプションとは、将来の特定の日または期間に、あらかじめ決められた価格で資産(株式や商品など)を買うか売るかを決定する「権利」のことです。オプションには「 コールオプション コールオプションコールオプションとは、オプション取引の一つで、投資家が将来の特定の日に、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で株式や他の資産を購入する権利を持つ金融商品です。この権利を行使するかどうかは、オプショ... 」と「 プット プットプットとは、投資家が特定の株式や他の資産を、あらかじめ決められた価格で将来の特定の日付までに売る権利を持つ金融商品です。多くの場合、プットオプションと呼ばれます。 プットオプションは、投資家が資... オプション」の2種類があります。

コールオプションは、購入者が将来、特定の価格で資産を買う権利のことです。一方、プットオプションは、購入者が将来、特定の価格で資産を売る権利のことです。

オプションを購入する際には、権利を得るための料金として「オプション プレミアム プレミアムプレミアムとは、特定の商品や証券が持つ追加的な価値や、それを取得するために支払う追加料金を意味する際に用いられる用語です。 たとえば、オプション取引においては、オプションの購入者がオプションの売... 」と呼ばれる費用が発生します。オプションの購入者は、オプションプレミアムを支払うことで権利を得ますが、その権利を行使する義務はありません。つまり、市場の状況によってはオプションを行使せずに権利を放棄することも可能です。

また、オプションは 権利行使 権利行使権利行使とは、オプション取引やワラント証券などで与えられた特定の権利を利用することです。オプション取引では、購入者はあらかじめ定められた価格(行使価格)で、株式などの原資産を買うか売るかの権利を持って... ができるタイミングによって「 ヨーロピアンタイプ ヨーロピアンタイプヨーロピアンタイプとは、オプション取引における特定の権利行使スタイルの一つで、権利を行使できるのが満期日のみであるという特徴があります。これは、アメリカンタイプのオプションが満期日までの任意の時点で権... 」と「アメリカンタイプ」に分けられます。