初心者でもわかりやすい金融用語集

証拠金

証拠金とは、 先物取引 先物取引先物取引とは、元となる商品(原資産)について将来の決められた日に決められた価格で売買することを事前に約束する取引です。この取引は、先物市場と呼ばれる専門の市場で行われます。 先物取引は、価格変動リス... FX FXFXとは、Foreign Exchangeの略称で、ある通貨を別の通貨に交換する際の価格(レート)の変動を利用して利益を上げることを目指す金融商品です。 FX市場は世界中で電子的に連携しており、銀行... オプション オプションオプションとは、将来の特定の日または期間に、あらかじめ決められた価格で資産(株式や商品など)を買うか売るかを決定する「権利」のことです。オプションには「コールオプション」と「プットオプション」の2種類... などの取引をする際に、取引により損失が生じた場合でも決済ができるように一定額の金銭を預けておく必要があります。この預け入れる金銭を「証拠金」と呼び、証拠金を使用した取引のことを「証拠金取引」と呼びます。


特に、 レバレッジ レバレッジレバレッジとは、投資において自己資金に加えて借入金などの他人資本を用いて、手元資金の何倍もの取引を行い、投資効果を増大させる手法です。具体的には、少ない自己資金で大きな取引を行うことができ、その結果と... (借入金を使って大きな取引を行うこと)を利用する場合、証拠金は重要な役割を果たします。取引額に対して小さな証拠金で大きな取引が可能になるため、市場の流動性を高める効果もありますが、一方で取引に伴うリスクも増大します。

証拠金取引は、株式市場や外国為替市場(FX)、先物市場などで一般的に行われています。