初心者でもわかりやすい金融用語集

従業員持株制度

従業員持株制度とは、企業が従業員に対して自社の株式を購入しやすくするための制度です。この制度を利用することで、奨励金が設定されている場合は従業員は通常より多くの株を購入することができます。

従業員持株制度の目的は、従業員が自社の株主となることで、従業員のモチベーション向上や長期的な雇用関係の確立を図ることにあります。従業員が株主となることで、企業の業績向上から直接的な利益を受ける立場となり、企業と従業員の利害を一致させる効果が期待されます。

この制度は、従業員に対する福利厚生の一環として提供されることも多く、企業によっては給与の一部を定期的に株式購入に充てることができるような仕組みを設けている場合もあります。