初心者でもわかりやすい金融用語集

契約型投資信託

契約型 投資信託 投資信託投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、その資金をプロの運用会社が株式や債券などのさまざまな金融商品に投資し、その運用成果を投資家に分配する仕組みです。 投資家は投資信託の証券(通常は「口」と呼... とは、投資信託の一形態で、投資者は運用会社の発行する 受益証券 受益証券受益証券とは、投資信託の運用成果に応じて価値が変動する証券のことです。投資信託は、多くの投資家から資金を集めて、その資金を株式や債券などの金融商品に投資し、得られた利益を投資家に分配する仕組みです。 ... を購入することで 受益者 受益者受益者とは、信託契約に基づいて設定された信託資産から生じる利益(利息、配当、資本の増加など)を受け取る権利を持つ人物や団体です。受益者は信託財産の所有者ではないものの、その財産が生み出す利益を受け取る... となり、間接的にさまざまな資産への投資に参加します。運用会社は投資家から預かった資金を株式、 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... 、不動産などの資産に投資し、得られた収益を受益者に分配することを目指します。

契約型投資信託は、 会社型投資信託 会社型投資信託会社型投資信託とは、投資信託の一形態で、投資を目的に設立された会社(投資法人)に投資家が出資し、運用から得られる収益の分配を受け取る仕組みです。 ただし、日本の投資信託では契約型投資信託が一般的です... と異なり投資法人を設立しないため、運用される資産は法的には信託財産として扱われ、投資信託会社(受託会社)が受益者のために保有・管理します。この形態では、運用成果に応じて受益証券の価値が変動し、投資家はその価値の変動によって利益または損失を受ける点にあります。