初心者でもわかりやすい金融用語集

株式数比例分配方式

株式数比例配分方式とは、投資家が保有する上場株式や上場 投資信託 投資信託投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、その資金をプロの運用会社が株式や債券などのさまざまな金融商品に投資し、その運用成果を投資家に分配する仕組みです。 投資家は投資信託の証券(通常は「口」と呼... ETF ETFETFとはExchange Traded Fundの略で上場投資信託を意味します。ETFは例えば日経平均株価やTOPIX、ニューヨークダウ平均などの特定の指数と連動する運用成果を目指して運用される「指... )、不動産投資信託( REIT REITREITとは、Real Estate Investment Trustの略称で、不動産投資信託のことを指します。これは、投資家から資金を集めて不動産に投資し、その収益を投資家に分配する仕組みです。 ... )などの 配当 配当配当とは、利益の一部を株主に分配することです。配当は株主に還元する方法の一つで、通常は現金で支払われますが、株式(株式配当)や他の資産の形で支払われることもあります。 配当を受け取る権利があるのは、... 金や 分配金 分配金分配金とは、投資信託や株式などの金融商品から得られる利益の一部を、投資家に対して配るお金のことです。たとえば、投資信託の場合、その信託が保有する資産(株式や債券など)から得られる配当金や利息を、投資家... を、保有している各証券会社の口座で受け取る方式です。同一銘柄を複数の証券会社で保有している場合、各証券会社ごとの預託株数に比例して配当金が配分され、各々の証券会社の口座に入金されます。

複数の証券会社に口座を持っている投資家の場合、一度この方式を選択することで、全ての証券会社に適用されるため、個別に各証券会社で受け取り手続きをする必要がなくなります。これにより、配当金の受け取りに関する手間が省けると共に、配当金の受け取りを忘れるリスクも軽減されます。

また、この方式を選択することで、 特定口座 特定口座特定口座とは、日本の証券取引において、投資家が証券会社に開設する口座の一種です。この口座を利用することで、株式や債券などの売買による利益(譲渡益)にかかる税金の計算や申告が簡単になります。 特定口座... を用いた 源泉徴収 源泉徴収源泉徴収とは、所得が発生する際に、その所得を支払う人(支払者)が所得税などの税金を所得者の代わりに国に直接納める制度です。このシステムにより、給与所得者などは自分で税金を計算し納税する手間が省け、税金... ありの場合の損益通算や、 NISA NISANISAとは、毎年一定金額の範囲内で購入した金融商品から得られる利益が非課税になる、日本の少額投資非課税制度のことです。 ただし、非課税となる投資の上限額には年間の制限があります。 この制度は、投資を... 口座での配当金非課税の適用が可能になります。