初心者でもわかりやすい金融用語集

株主割当増資

株主割当増資とは、企業が資金を調達するために新たに発行する株式を、すべての既存の株主に 新株 新株新株とは、企業が資金調達などの目的で追加発行する株式のことを指します。新たに発行された株式を「新株」あるいは「子株」と称し、それに対して発行前に存在していた株式を「旧株」または「親株」と呼びます。 ... 式を引き受ける権利を与える方法です。この方式では、株主は自分の持ち株に応じた割合で新しい株を購入することができます。

株主割当増資は、株式の希薄化を防ぎつつ、企業が必要な資金を得ることができるメリットがあります。希薄化とは、新しい株式の発行によって既存株主の持ち株比率が低下することを指します。株主割当増資を行うことで、既存株主は自分の持ち株比率を維持する機会を得ることができます。

株主割当増資以外にも新株発行による資金調達には、「 公募 公募公募とは、企業や政府が広く一般の投資家から資金を調達する目的で、株式や債券などの有価証券を募集することを指します。新しく発行される有価証券の購入を不特定多数(50名以上)の投資家に対して取得申し込みを... 増資」と「 第三者割当増資 第三者割当増資第三者割当増資とは、企業が新たに株式を発行し、特定の第三者にその株式を割り当てることで資本を増やす方法です。この方法は、公開市場で株式を募集するよりも迅速に資金を調達できる利点があり、主に未公開会社で... 」があります。