初心者でもわかりやすい金融用語集

PER

PERとは、Price Earnings Ratioの略称で、日本語では株価収益率と呼ばれます。これは、企業の株価がその企業が稼ぐ利益の何倍で評価されているかを示す指標です。

具体的には、企業の1株あたりの株価を1株あたりの純利益(EPS: Earnings Per Share)で割ることによって計算されます。PERが高いということは、投資家がその企業の将来の成長を期待しており、株価が利益に比べて高く評価されていることを意味します。逆に、PERが低い場合は、株価が利益に比べて低く評価されていることを示し、株が割安である可能性があります。

投資家はPERを使って、企業が過大評価されているか、あるいは適正な価格で取引されているか、または割安であるかを判断するための一つの基準とします。ただし、PERは業種や市場環境によって異なるため、同じ業種の企業同士や歴史的なデータと比較することが一般的です。また、PERだけでなく、他の財務指標や市場の状況も考慮に入れて総合的に分析することが重要です。