初心者でもわかりやすい金融用語集

ADP雇用統計

ADP雇用統計とは、アメリカの民間企業の雇用状況を示す統計データです。この統計は、アメリカの大手給与計算アウトソーシング会社であるAutomatic Data Processing, Inc.(ADP)という会社が約50万社の顧客を対象に毎月発表しており、非農業部門の民間企業における雇用の変化を測定しています。

ADP雇用統計は、アメリカ労働省が発表する「非農業部門雇用者数変化」(通称:NFP)の数日前に公表されるため、NFPの予測指標として市場参加者に注目されています。ただし、ADP雇用統計とNFPとは算出方法が異なるため、必ずしも一致するわけではありません。

投資家や アナリスト アナリストアナリストとは、企業や市場、経済状況などを専門的に分析し、その情報を基に投資判断をサポートする専門家のことです。 アナリストにはさまざまな種類がありますが、金融業界においては特に以下の二つが一般的で... は、ADP雇用統計を利用して、アメリカの雇用市場の動向を把握し、経済の健全性を評価するための情報として活用しています。雇用状況は消費活動や経済成長に大きく影響するため、この統計は金融市場において重要な指標の一つとされています。