初心者でもわかりやすい金融用語集

割安株

割安株とは、その企業の実質的な価値に比べて株価が低く評価されている株式のことです。企業の価値は、資産、収益、成長性など多くの要因によって決まりますが、割安株はこれらの指標が示す価値に対して市場での株価が低い状態を指します。バリュー株ともいわれます。

投資家は、財務分析や業界の見通しを通じて割安株を見つけ出し、将来的に株価がその実質的な価値に適正に反映されることを期待して投資することがあります。割安と判断される具体的な指標には、株価収益率( PER PERPERとは、Price Earnings Ratioの略称で、日本語では株価収益率と呼ばれます。これは、企業の株価がその企業が稼ぐ利益の何倍で評価されているかを示す指標です。 具体的には、企業の... )、株価 純資産 純資産純資産とは、企業や個人が持つ資産の価値から負債(借金など)を差し引いた金額のことです。これは、その企業や個人の経済的な価値や財務の健全性を示す指標として用いられます。 たとえば、ある企業が不動産、株... 倍率( PBR PBRPBRとは、Price Book-Value Ratio(株価純資産倍率)の略称で、企業の株価がその企業の純資産に対してどの程度の評価を受けているかを示す指標です。PBRが低いほど株価は割安と判断され... )、 配当 配当配当とは、利益の一部を株主に分配することです。配当は株主に還元する方法の一つで、通常は現金で支払われますが、株式(株式配当)や他の資産の形で支払われることもあります。 配当を受け取る権利があるのは、... 利回り 利回り利回りとは、投資した資産から得られる収益の割合を指します。この割合は、通常パーセンテージで表され、投資の効率を評価するために用いられます。 たとえば、株式や債券、不動産などの投資から、1年間に得られ... などがあります。

ただし、株価が低いからといって必ずしも割安であるとは限らず、企業の将来性が不透明であったり、業績が悪化している可能性も考慮する必要があります。そのため、割安株投資は慎重な分析と評価が求められます。