初心者でもわかりやすい金融用語集

利回り

利回りとは、投資した資産から得られる収益の割合を指します。この割合は、通常パーセンテージで表され、投資の効率を評価するために用いられます。

たとえば、株式や 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... 、不動産などの投資から、1年間に得られる収益( 配当 配当配当とは、利益の一部を株主に分配することです。配当は株主に還元する方法の一つで、通常は現金で支払われますが、株式(株式配当)や他の資産の形で支払われることもあります。 配当を受け取る権利があるのは、... 金、利息、賃貸収入など)を元本に対してどれだけの割合で得られたかを示します。利回りが高いほど、投資からの収益率が良いことを意味しますが、同時にリスクが高い場合もあるため、投資判断にあたっては利回りだけでなく、リスクも考慮する必要があります。

利回りには、実際に受け取った収益に基づく「実質利回り」と、将来予想される収益に基づく「予想利回り」など、計算の基準によっていくつかの種類があります。投資家はこれらの利回りを比較し、自身の投資目的に合った資産選びを行います。