初心者でもわかりやすい金融用語集

リスクフリーレート

リスクフリーレートとは、投資において理論上リスクが全くないとされる資産から得られる利息率のことです。このレートは、投資家がリスクを取らずに得られる最低限の リターン リターンリターンとは、投資によって得られる利益や収益のことです。金融において、リターンは投資した資金に対する収益率を指し、通常はパーセンテージで表されます。 たとえば、株式や債券、不動産などに投資した場合、... と考えられています。

一般的に、リスクフリーレートの代表例としては、政府が発行する短期国債の 利回り 利回り利回りとは、投資した資産から得られる収益の割合を指します。この割合は、通常パーセンテージで表され、投資の効率を評価するために用いられます。 たとえば、株式や債券、不動産などの投資から、1年間に得られ... が用いられます。これは、政府が デフォルト デフォルトデフォルトとは、借り手が貸し手に対して、借入金の返済や利息の支払いを約束した期日までに行えない状態を指します。これは、個人や企業、さらには国家が負債を履行できなくなった場合に発生することがあります。 ... (債務不履行)するリスクが非常に低いと見なされるためです。

リスクフリーレートは、金融モデルや投資の意思決定において重要な基準となります。たとえば、資本資産価格モデル(CAPM)では、リスクフリーレートは投資の期待リターンを計算する際の出発点として使用されます。投資家は、リスクフリーレート以上のリターンを求めることが一般的で、リスクを伴う投資にはそれに見合う追加のリターン( リスクプレミアム リスクプレミアムリスクプレミアムとは、リスクのある資産の期待収益率から無リスク資産の収益率を引いた差のことを指します。 投資には様々なリスクが伴います。たとえば、企業が倒産するリスク、株価が変動するリスク、通貨の価... )を要求します。