初心者でもわかりやすい金融用語集

デリバティブ

デリバティブとは、他の資産(たとえば株式、 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... 、商品、通貨、金利など)の価値に基づいて価格が決定される金融契約の総称で、先物や オプション オプションオプションとは、将来の特定の日または期間に、あらかじめ決められた価格で資産(株式や商品など)を買うか売るかを決定する「権利」のことです。オプションには「コールオプション」と「プットオプション」の2種類... が代表的です。これらは金融派生商品とも呼ばれます。

デリバティブは、リスク管理の手段として利用されることが多く、価格変動リスクから保護するために使用されます。たとえば、農家は将来の作物価格の下落リスクを避けるためにデリバティブを利用することがあります。

また、投資家はデリバティブを使って、基礎資産の価格変動から利益を得るための 投機 投機投機とは、価格変動を予測して、主に短期間でキャピタルゲインを得ることを目的とした金融取引のことです。投資とは異なり、投機はより高いリスクと短期間での大きな利益を狙う行為とされていますが、その境目は明確... 的な取引を行うこともあります。デリバティブには様々な形態があり、代表的なものには先物契約、オプション契約、 スワップ スワップスワップとは、二者間で金融取引を行う際に、決められた期間において互いのキャッシュフローを交換する契約のことです。 例として通貨スワップが挙げられ、これは異なる通貨の金利と元本を交換するものです。 スワ... 契約があります。

デリバティブ市場は非常に複雑で、高度な金融知識を必要とする場合が多いですが、適切に管理された場合、投資の効率性を高め、リスク分散に寄与することができます。しかし、リスクが高い取引であるため、市場の不安定化を引き起こす可能性もあります。