初心者でもわかりやすい金融用語集

国債先物

国債先物とは、将来の特定の期日に特定の条件で日本国債を売買することを約束する 先物取引 先物取引先物取引とは、元となる商品(原資産)について将来の決められた日に決められた価格で売買することを事前に約束する取引です。この取引は、先物市場と呼ばれる専門の市場で行われます。 先物取引は、価格変動リス... です。実際に発行されている国債ではなく、取引所が設定した利率や償還期限などの条件を持つ架空の「標準物」を対象とします。この取引は、主にリスク管理(ヘッジ)や 投機 投機投機とは、価格変動を予測して、主に短期間でキャピタルゲインを得ることを目的とした金融取引のことです。投資とは異なり、投機はより高いリスクと短期間での大きな利益を狙う行為とされていますが、その境目は明確... 裁定取引 裁定取引裁定取引とは、価格の不均衡を利用して利益を得る取引のことです。サヤ取りともいいます。 たとえば、同じ株式が異なる証券取引所で異なる価格で取引されている場合、低い価格で株式を購入し、高い価格で売るこ... の目的で行われます。

国債先物取引は大阪取引所で行われ、中期(5年)、長期(10年)、超長期(20年)、そして「ミニ」長期国債先物など複数の種類があります。

国債先物の価格は金利の変動に敏感に反応するため、金融市場では金利の先行き予想や経済の見通しを考える上で重要な指標とされています。