初心者でもわかりやすい金融用語集

裁定取引

裁定取引とは、価格の不均衡を利用して利益を得る取引のことです。 サヤ取り サヤ取りサヤ取りとは、金融市場において、価格の差異から利益を得る取引戦略の一つです。具体的には、関連性の高い二つの金融商品(たとえば、似たような会社の株式や、同じ商品の先物契約など)の価格差が通常より大きくな... ともいいます。

たとえば、同じ株式が異なる証券取引所で異なる価格で取引されている場合、低い価格で株式を購入し、高い価格で売ることで差額を利益として得ることができます。

裁定取引は、市場の効率性を高める役割も果たしており、価格の不均衡を解消することで市場間の価格差を縮小させます( サヤ寄せ サヤ寄せサヤ寄席とは、サヤが縮まることを指します。 サヤとは、金融市場において、特に二つの関連する資産間の価格差を指します。これは「スプレッド」とも呼ばれ、株式、債券、商品、通貨など様々な金融商品において見... )。ただし、裁定取引は市場の変動や取引コストなどのリスクを伴うため、慎重な分析と迅速な実行が求められます。