初心者でもわかりやすい金融用語集

一般信用取引

一般 信用取引 信用取引信用取引とは、投資家が証券会社からお金や株を借りて、株式取引を行う方法です。信用取引を利用することで、投資家は自分の持っている資金以上の金額で株を買ったり、まだ所有していない株を売ったり(空売り)する... は、1998年12月に導入された信用取引の形態で、投資家と証券会社間で金利、 品貸料 品貸料品貸料とは、制度信用において、株式を借りる側(売り方)が支払い、株式を貸す側(買い方)が受け取る料金です。逆日歩ともいいます。 具体的には、証券金融会社に株式の不足等が生じた場合、証券金融会社は外部... 逆日歩 逆日歩逆日歩とは、信用取引における空売り(信用売り)を行った際、信用売り残高が信用買い残高を上回る状況で、売り手が買い手に支払う費用です。 この費用は品貸料とも呼ばれ、証券会社や証券金融会社間の貸借取引で... )、返済期限などの取引条件を自由に決定できます。

制度信用取引 制度信用取引制度信用取引とは、信用取引の一種で、証券取引所により品貸料の金額や弁済の期限などが決められている信用取引を指します。これに対して、証券会社が個々に品貸料の金額や弁済の期限を定めているものを一般信用取引... は取引所の規則に従い、対象銘柄は制度信用銘柄(買建てのみ可能)と 貸借銘柄 貸借銘柄貸借銘柄とは、制度信用取引において、投資家が証券金融会社から株式を借りて空売りの取引をすることができる銘柄のことです。 貸借銘柄に指定されるためには、一定の流動性や市場規模などの基準を満たす必要があ... (買建てと売建てが可能)に限られ、返済期限が最大6ヶ月までと定められています。これに対して一般信用取引は、証券会社により条件が異なりますが、多くの場合、ほぼ全銘柄に対して買建取引が可能です。また、返済期限に関しても無期限での取引を許容する区分が存在します。