初心者でもわかりやすい金融用語集

逆日歩

逆日歩とは、 信用取引 信用取引信用取引とは、投資家が証券会社からお金や株を借りて、株式取引を行う方法です。信用取引を利用することで、投資家は自分の持っている資金以上の金額で株を買ったり、まだ所有していない株を売ったり(空売り)する... における 空売り 空売り空売りとは、株式やその他の金融商品が将来価格が下がると予想される時に利益を得るための取引手法です。投資家は、まず信用取引などを利用することで証券会社から現物株式を借りて、現在の市場価格で売ります。その... (信用売り)を行った際、信用 売り残高 売り残高売り残高とは、信用取引において信用売り(空売り)を行った際に、所定の期限内にまだ決済(買い戻しまたは現渡し)されていない株式の残高を指します。この期限は、制度信用取引では通常6ヶ月、一般信用取引では証... が信用 買い残高 買い残高買い残高とは、信用取引において信用買いを行った際に、所定の期限内にまだ決済(売却または現引き)されていない株式の残高を指します。この期限は、制度信用取引では通常6ヶ月、一般信用取引では証券会社と顧客間... を上回る状況で、売り手が買い手に支払う費用です。

この費用は 品貸料 品貸料品貸料とは、制度信用において、株式を借りる側(売り方)が支払い、株式を貸す側(買い方)が受け取る料金です。逆日歩ともいいます。 具体的には、証券金融会社に株式の不足等が生じた場合、証券金融会社は外部... とも呼ばれ、証券会社や証券金融会社間の 貸借取引 貸借取引貸借取引とは、投資家が信用取引等において証券会社などの金融機関から株式や債券などの証券を借りて、一定期間後に同じ数量・同質の証券を返却する取引のことです。 この取引は、投資家が証券の価格が下がると予... で発生します。株式の貸し出し需要が持ち株を超える場合、証券金融会社は市場から株式を有料で借り入れます。この際に発生する料金率が逆日歩です。逆日歩は需給バランスに左右され、株式が不足する(多数の投資家がその株を借りようとしている)状況で高くなります。

逆日歩は、株式を借りている期間に基づいて計算されます。空売り取引では、逆日歩が課せられる場合、予想を超えるコストが発生するリスクがあるため注意が必要です。