初心者でもわかりやすい金融用語集

割高株

割高株とは、その株式の価格が、企業の実質的な価値や収益性に比べて高い水準にある銘柄を指します。株価が企業の資産や将来の利益成長を反映していない場合、その株は割高と見なされることがあります。

割高かどうかを判断するためには、株価収益率( PER PERPERとは、Price Earnings Ratioの略称で、日本語では株価収益率と呼ばれます。これは、企業の株価がその企業が稼ぐ利益の何倍で評価されているかを示す指標です。 具体的には、企業の... )、株価 純資産 純資産純資産とは、企業や個人が持つ資産の価値から負債(借金など)を差し引いた金額のことです。これは、その企業や個人の経済的な価値や財務の健全性を示す指標として用いられます。 たとえば、ある企業が不動産、株... 倍率( PBR PBRPBRとは、Price Book-Value Ratio(株価純資産倍率)の略称で、企業の株価がその企業の純資産に対してどの程度の評価を受けているかを示す指標です。PBRが低いほど株価は割安と判断され... )などの指標が用いられます。これらの指標が業界平均や同業他社に比べて著しく高い場合、割高と判断されることが一般的です。

ただし、市場参加者の期待が高い企業や、特定の成長戦略が評価されている場合など、割高な株価が正当化されることもあります。投資家は、割高株を購入する際には、将来の成長が株価に見合うものであるかを慎重に分析する必要があります。