初心者でもわかりやすい金融用語集

ユニコーン企業

ユニコーン企業とは、企業価値が10億ドル以上・創業10年以内の非上場ベンチャー企業のことを指します。

この用語は、そのような高い評価を受けるスタートアップが非常に珍しい存在であることから、神話上の生き物「ユニコーン」にちなんで名付けられました。ユニコーン企業は、通常、革新的なビジネスモデルや技術を持ち、急速な成長が期待される企業であることが多いです。

ユニコーン企業は、その後の成長によって公開市場( 株式公開 株式公開株式公開とは、企業が一般の投資家に対して初めて自社の株式を公開市場で売り出すことを指します。このプロセスを通じて、企業は株式市場から資金を調達し、その資金を事業の拡大や他の財務目的のために使用すること... )に進出することがありますが、その段階に至る前に、大きな投資を受け入れることで、その価値を高めている点が特徴です。