初心者でもわかりやすい金融用語集

目論見書

目論見書とは、金融商品を投資家に提供する際に、その商品の詳細情報を記載した公式な文書のことです。この文書には、投資商品の目的、戦略、リスク、過去の実績、手数料や経費などのコストに関する情報が含まれています。

目論見書は、特に 投資信託 投資信託投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、その資金をプロの運用会社が株式や債券などのさまざまな金融商品に投資し、その運用成果を投資家に分配する仕組みです。 投資家は投資信託の証券(通常は「口」と呼... 株式公開 株式公開株式公開とは、企業が一般の投資家に対して初めて自社の株式を公開市場で売り出すことを指します。このプロセスを通じて、企業は株式市場から資金を調達し、その資金を事業の拡大や他の財務目的のために使用すること... IPO IPOIPOとは、Initial Public Offeringの略称で、企業が初めて一般の投資家に対して自社株式を公開し、株式市場で取引できるようにすることを指します。 このプロセスを通じて、企業は... )などの際に作成され、投資家が購入を検討する前に、商品に関する重要な情報を理解するためのものです。投資家は目論見書を読むことで、投資の判断材料として、その商品が自分の投資目標やリスク許容度に適しているかを評価することができます。

金融当局は、投資家保護の観点から、目論見書の提供を義務付けており、不正確または誤解を招くような情報が記載されていると、発行者に対して法的な責任が生じる可能性があります。したがって、目論見書は投資家にとって信頼性の高い情報源となることが期待されています。