初心者でもわかりやすい金融用語集

非農業者部門雇用者数

非農業者部門雇用者数とは、アメリカ合衆国における農業を除く産業における就業者数のことです。このデータは、アメリカの労働市場の健全性を示す重要な経済指標の一つとされており、毎月第1金曜日に公表されます。

毎月、アメリカ労働省の統計局が「雇用状況統計報告書」として発表し、投資家や政策立案者によって注目されます。非農業部門には、製造業、建設業、サービス業などが含まれ、これらのセクターで働く人々の数がカウントされます。

この数値が増加すると、経済が成長していると見なされ、雇用機会が増えていることを示します。逆に、この数値が減少すると、経済が縮小している可能性があり、失業率の上昇などが懸念されます。そのため、非農業者部門雇用者数は、金融市場や経済政策に大きな影響を与えることがあります。