初心者でもわかりやすい金融用語集

値幅制限

値幅制限とは、株式や 先物取引 先物取引先物取引とは、元となる商品(原資産)について将来の決められた日に決められた価格で売買することを事前に約束する取引です。この取引は、先物市場と呼ばれる専門の市場で行われます。 先物取引は、価格変動リス... などの金融商品が一日の取引で変動できる価格の上限と下限を設定するルールです。この制限は、市場の急激な価格変動を防ぎ、取引の秩序を保つために設けられています。

たとえば、ある株式に対して値幅制限が設定されている場合、その日の取引で株価は前日の 終値 終値終値とは、株式やその他の金融商品が取引市場でその日の取引が終了した時点での最後の取引価格のことです。株式市場では、毎日取引が行われ、価格は常に変動していますが、終値はその日の市場が閉まる時の価格を指し... から一定の範囲内でしか上下しないことになります。これにより、投資家は過度な損失リスクから守られると同時に、市場の安定性が保たれます。

値幅制限は、特に株式市場や先物市場で一般的に見られ、各国の証券取引所や市場規制当局によってその範囲が定められています。また、大きな経済的な出来事が発生した場合には、値幅制限を一時的に拡大することもあります。