初心者でもわかりやすい金融用語集

低位株

低位株とは、市場全体の株価と比べて株価が比較的低い水準にある株式のことを指します。明確な定義はありませんが、一般的には1株あたりの価格が500~1,000円以下の株を低位株と呼ぶ場合が多いです。市場や業界によって低位株の定義は異なる場合があります。

低位株は、少ない資金で多くの株数を購入できるため、小額投資家に人気があります。しかし、低い株価が必ずしも大きな リターン リターンリターンとは、投資によって得られる利益や収益のことです。金融において、リターンは投資した資金に対する収益率を指し、通常はパーセンテージで表されます。 たとえば、株式や債券、不動産などに投資した場合、... につながるわけではありません。

投資家は、低位株を選ぶ際には、企業の財務状況や業績、市場での評価などを慎重に分析する必要があります。低位株は価格変動が大きく、高いリスクを伴うこともあるため、投資判断には注意が必要です。