初心者でもわかりやすい金融用語集

新株予約権付社債

新株 新株新株とは、企業が資金調達などの目的で追加発行する株式のことを指します。新たに発行された株式を「新株」あるいは「子株」と称し、それに対して発行前に存在していた株式を「旧株」または「親株」と呼びます。 ... 予約権付 社債 社債社債とは、企業が資金を調達するために発行する債券の一種です。企業は投資家からお金を調達し、代わりに社債を発行します。社債を購入した投資家は、企業から定期的に利息(クーポンとも呼ばれる)を受け取り、社債... とは、投資家が社債を購入する際に、将来的に一定の条件のもとで新しい株式を購入する権利が付与される金融商品です。この権利を「新株予約権」といい、社債とセットで提供されます。

通常の社債は、企業が資金を調達するために発行し、投資家には一定期間後に元本と利息を支払うという約束があります。しかし、新株予約権付社債は、さらに株式を購入する オプション オプションオプションとは、将来の特定の日または期間に、あらかじめ決められた価格で資産(株式や商品など)を買うか売るかを決定する「権利」のことです。オプションには「コールオプション」と「プットオプション」の2種類... が付いているため、投資家は社債の利息収入に加えて、将来的に株価が上昇した場合には株式を購入して利益を得るチャンスがあります。

この金融商品は、企業にとっては低い利息で資金を調達できる可能性があり、投資家にとっては株式の価値上昇による追加の リターン リターンリターンとは、投資によって得られる利益や収益のことです。金融において、リターンは投資した資金に対する収益率を指し、通常はパーセンテージで表されます。 たとえば、株式や債券、不動産などに投資した場合、... を期待できるため、双方にメリットがあるとされています。ただし、新株予約権を行使するかどうかは投資家の判断に委ねられており、株価が期待通りに上昇しない場合には権利を行使しないこともあります。