初心者でもわかりやすい金融用語集

買いオペ

買いオペとは、中央銀行が市場にお金を供給するために行う金融政策の一つです。中央銀行が金融機関から国債などの 有価証券 有価証券有価証券は、所有者に対して一定の権利を与えるもので、例えば株式の場合は会社の権利の一部を、債券の場合は将来的に金銭を返済する権利を表します。... を購入し、その代金を市場に放出することで、市場の資金量を増やし、金利の低下や経済活動の刺激を目指します。

この操作は、デフレ対策や経済の停滞期における活性化を図るために利用され、市場に流通しているお金の量が増えることで、金融機関の貸出能力が向上し、低金利環境が促進されます。買いオペの実施により、市場の資金が増え、金融市場の金利が低下する傾向にあり、これにより企業や個人の投資意欲を高め、経済全体の活性化を促すことが期待されます。

対照的に、中央銀行が市場から資金を吸収し、金利上昇や通貨価値の安定を目指す操作は 売りオペ 売りオペ売りオペとは、中央銀行が市場から資金を吸収するために行う金融政策の一つです。具体的には、中央銀行が金融機関に対して短期間の国債などの有価証券を売却し、その代金を市場から一時的に集めることで、市場に流通... といいます。