初心者でもわかりやすい金融用語集

空売り

空売りとは、 株式 株式株式とは、企業が資金を調達するために発行する証券の一種であり、これを購入することで投資家はその企業の所有権の一部を持つことになります。株式を保有することで、投資家は企業の利益の一部を配当として受け取る... やその他の金融商品が将来価格が下がると予想される時に利益を得るための取引手法です。投資家は、まず 信用取引 信用取引信用取引とは、投資家が証券会社からお金や株を借りて、株式取引を行う方法です。信用取引を利用することで、投資家は自分の持っている資金以上の金額で株を買ったり、まだ所有していない株を売ったり(空売り)する... などを利用することで証券会社から現物株式を借りて、現在の市場価格で売ります。その後、価格が下がった時点で、同じ数の株式を市場で買い戻します。

この買い戻しを「決済」と呼びます。もし予想通りに価格が下がっていれば、売った時の価格と買い戻した時の価格の差額が利益となります。しかし、価格が上がってしまった場合は、損失を被る リスク リスクリスクとは、投資やビジネスなどの経済活動において、予期しない損失が生じる可能性のことです。リスクには様々な種類があり、市場リスク、信用リスク、運用リスク、流動性リスクなどが挙げられます。 市場リスク... があります。

また空売りには、市場の過熱を防ぐために設けられる空売り規制や、株式を借りる際に支払う 品貸料 品貸料品貸料とは、制度信用において、株式を借りる側(売り方)が支払い、株式を貸す側(買い方)が受け取る料金です。逆日歩ともいいます。 具体的には、証券金融会社に株式の不足等が生じた場合、証券金融会社は外部... 逆日歩 逆日歩逆日歩とは、信用取引における空売り(信用売り)を行った際、信用売り残高が信用買い残高を上回る状況で、売り手が買い手に支払う費用です。 この費用は品貸料とも呼ばれ、証券会社や証券金融会社間の貸借取引で... )が関わります。品貸料は株式の供給と需要により変動し、株式不足時には費用が上昇し、空売りのコストが増加します。