初心者でもわかりやすい金融用語集

外国投信

外国投信とは、日本以外の国で設定された外国籍の 投資信託 投資信託投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、その資金をプロの運用会社が株式や債券などのさまざまな金融商品に投資し、その運用成果を投資家に分配する仕組みです。 投資家は投資信託の証券(通常は「口」と呼... を指します。これらの投資信託は、外国の法律に基づいて設定され、多くの場合、外貨で取引されます。 基準価額 基準価額基準価額とは、投資信託などの運用資産の値段のことです。具体的には、投資信託の純資産総額をその投資信託が発行している口数で割ったもので、1口あたりの価値を表します。 投資家が投資信託を購入または売却す... 分配金 分配金分配金とは、投資信託や株式などの金融商品から得られる利益の一部を、投資家に対して配るお金のことです。たとえば、投資信託の場合、その信託が保有する資産(株式や債券など)から得られる配当金や利息を、投資家... も外貨で表示されることが一般的です。

外国投信は、主に海外の 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... や株式などに投資することで運用されます。これにより、投資家は国内市場では得られない商品性や、税制面での特典を享受できる可能性があります。代表的な外国投資信託には、 外貨建てMMF 外貨建てMMF外貨建てMMFとは、海外の投資信託運営会社によって米ドル・豪ドル・ユーロなどの外貨で運用されるMoney Market Fund(マネーマーケットファンド)のことで、主に短期の金融商品に投資する投資信... があります。

ただし、外国投信に投資する際には、為替リスクや海外市場の政治・経済情勢の変動リスクなど、国内投資にはない特有のリスクが存在することを理解する必要があります。なお、海外の株式や債券に投資する ファンド ファンドファンドとは、複数の投資家から資金を集め、その資金を株式、債券、不動産など様々な資産に投資して運用する仕組みのことです。ファンドはプロの運用管理者によって管理され、投資家はファンドに出資することで、個... であっても、日本で設定された場合は国内投資信託に分類されます。