初心者でもわかりやすい金融用語集

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスとは、「企業統治」と訳され、企業の内部牽制の仕組みや不正行為を防止する機能のことを指します。これには、企業がどのように経営され、株主やその他の利害関係者(ステークホルダー)の権利がどのように保護されているかが含まれます。

具体的には、取締役会の構成とその役割、経営陣への報酬体系、内部統制システム、株主とのコミュニケーション、企業の社会的責任などがコーポレートガバナンスの範疇に入ります。良好なコーポレートガバナンスは、企業の透明性を高め、 リスク リスクリスクとは、投資やビジネスなどの経済活動において、予期しない損失が生じる可能性のことです。リスクには様々な種類があり、市場リスク、信用リスク、運用リスク、流動性リスクなどが挙げられます。 市場リスク... 管理を強化し、企業価値の向上に寄与するとされています。