初心者でもわかりやすい金融用語集

クーポン

クーポンとは、 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... においてあらかじめ定められた期日ごとに投資家が受け取ることができる利息のことです。通常、クーポンは年に一度または半年に一度支払われることが多く、その金額は債券の額面(元本)に対する一定の割合(クーポンレート)で決まります。

たとえば、額面が100円の債券に年率5%のクーポンレートが設定されている場合、投資家は年に5円の利息を受け取ることになります。クーポンの支払いは、債券の発行条件によって定められています。

クーポンは、債券の魅力を判断する際の重要な要素の一つであり、クーポンレートが高いほど、投資家にとってはより魅力的な投資先となります。ただし、クーポンレートが高い債券は、それだけリスクも高いことが多いため、投資の際にはリスクと リターン リターンリターンとは、投資によって得られる利益や収益のことです。金融において、リターンは投資した資金に対する収益率を指し、通常はパーセンテージで表されます。 たとえば、株式や債券、不動産などに投資した場合、... のバランスを考慮する必要があります。

間違えやすい用語として「 利回り 利回り利回りとは、投資した資産から得られる収益の割合を指します。この割合は、通常パーセンテージで表され、投資の効率を評価するために用いられます。 たとえば、株式や債券、不動産などの投資から、1年間に得られ... 」がありますが、債券の利回りはクーポンの他、債券の購入価格と償還額面の差額の2つの運用益について、1年あたりのパーセント表示で表したものです。