初心者でもわかりやすい金融用語集

現先取引

現先取引とは、 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... などの金融商品を現在の価格で購入(または売却)し、同時に将来の特定の日付に同じ商品や証券を売却(または購入)する約束を行う取引のことです。この取引は、主に価格変動リスクをヘッジする目的で利用されます。

たとえば、「買い現先」では、投資家は一定期間後に一定価格で債券を売り戻す条件付きで債券を購入します。この取引により、投資家は一定期間、債券を保有し、その期間中の 利回り 利回り利回りとは、投資した資産から得られる収益の割合を指します。この割合は、通常パーセンテージで表され、投資の効率を評価するために用いられます。 たとえば、株式や債券、不動産などの投資から、1年間に得られ... を得ることができます。一方、「売り現先」では、投資家は一定期間後に一定価格で債券を買い戻す条件付きで債券を売却し、この取引を通じて資金を調達します。

現先取引は、 先物取引 先物取引先物取引とは、元となる商品(原資産)について将来の決められた日に決められた価格で売買することを事前に約束する取引です。この取引は、先物市場と呼ばれる専門の市場で行われます。 先物取引は、価格変動リス... と似ていますが、先物取引が標準化された契約で取引所を通じて行われるのに対し、現先取引は当事者間の直接交渉による契約である点が異なります。