初心者でもわかりやすい金融用語集

大底

底とは、金融市場において、価格が下落を続けた後の一番低いところ、もしくはそう思われるところの価格水準を指します。 投資家は底を見極めることで、低価格で購入し、将来的な価格上昇から利益を得る機会を探し... とは、株式や市場全体の価格が一定期間において最も低くなる点を指します。投資家が株式やその他の金融商品を購入するのに最も魅力的なタイミングとされることが多いですが、実際に大底であるかはその時点では判断が難しく、通常は後になってから確認されます。