実は、私は全くと言って良いほど、自動車に興味がありません。一応、運転免許は持っていたのですが、米国勤務中に有効期限切れとなってしまい、1995年に帰国後、仕事が忙しくて更新する暇がなく、完全失効させたくらいです。特に東京に住んでいると公共交通機関の便も良く、急ぎの時はすぐタクシーに乗れるので、自分で自動車を運転しようと思わなかったのです。自宅には家族が乗るための自動車がありますが、私はいっさい運転しません、というか運転できないのです。

そんな私は2010年代前半、東京都港区の青山の近くにあった当時聞いたこともない自動車会社のショールームの前を何度も散歩していましたが、その自動車に対して全く興味を抱きませんでした。実はそのことを非常に後悔しています。その自動車会社とは、テスラ(TSLA)のことです。

テスラは単なるEVメーカーではない

その後、私は米国株の仕事を通じて、テスラが脚光を浴びているEV(電気自動車)の企業であることを知りました。それでも当時テスラに対してほとんど興味がなかったのです。当然イーロン・マスク氏の名前も知らないくらいでした。

それが一転してテスラに対して興味を覚え始めたのは、テスラの自動車が単なるEV車でなく、コンピューターを搭載したEV車であり、将来的に自動運転を可能にしそうだということを知ってからです。私は自動車には興味がないものの、未来のテクノロジーに対しては非常に興味を持っています。そこからマスク氏について興味を持ち、テスラの将来性について真剣に考え始めたのです。そして、仕事でテスラの最高技術責任者兼共同創業者(当時)のジュ・ストラウベル氏にインタビューする機会を得るなど、テスラ車の魅力を理解するようになりました。

テスラの時価総額順位は第6位

テスラの株価は、2020年7月に1,135ドルと史上最高値を付け、テスラの時価総額は2065億ドルと世界最大の自動車の生産台数を誇るトヨタの2020億ドルを超え、世界中の投資家を驚かせました。

世界の株式市場の時価総額で見ると、現在テスラはサウジアラムコ、アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、アルファベット(GOOGL)、アマゾン(AMZN)に次いで6番目の企業です。(2022年5月27日終値時点)

テスラに100万円投資していたら

テスラが上場したのは2010年6月29日のことです。テスラのIPO(新規公開株式)で100万円分のテスラの株式を購入し、これまで保有していたらどうなっていたのでしょう。

【図表1】テスラにIPOで100万円投資していた場合と、S&P500に同額を投資していた場合の比較 
期間:2010年6月28日〜2022年5月27日 (2010年6月28日を100として指数化)
出所:ブルームバーグよりマネックス証券作成

その100万円を2022年5月27日の引けまでS&P500に投資していたとすると、配当金の再投資を含むリターンは697万円になります。一方、同じように100万円をテスラ株に投資していたとすると、その100万円はほぼ12年後の現在、なんと3億1770万円へと増えた計算になります。
 
このテスラの同期間のリターンは、他のGAFAM銘柄のリターンを桁違いに大きく上回っています。テスラの創業者であるイーロン・マスク氏が、今、世界一の富豪と言われている理由がよくわかる気がします。  

テスラ株は非常にボラティリティが高い

ただし、現在に至るまでのテスラ株の道のりは大変険しいものでした。図表2はテスラ株が高値を更新してからの下落の推移です。

【図表2】テスラ高値からの下落率(期間:2010年6月28日〜2022年5月25日)
出所:ブルームバーグよりマネックス証券作成

上記を見て分かることは、テスラ株は高値をつけてから30%を超える調整が何度か起きたということです。株価が半分程度になったことも4回あります。テスラ株は非常にボラティリティが高いのです。つまり、テスラ株に投資をすると、非常に激しい株価の乱高下を経験することになります。やはりハイリターンは、ハイリスクなのです。夜も眠れず不安に思ってしまう人もいることでしょう。そういうのが嫌だという方にはテスラ株への投資は向かないかもしれません。

そんなに乱高下するのであれば、テスラの株価が上がったら売ってしまい、下がったら買い戻せば良いだろうという意見が聞こえてきそうです。

図表3は、もし2010年6月28日から2022年5月13日までの期間でテスラ株が最も上がった10日間にテスラ株を保有していなかった場合、その後の株価のパフォーマンスがどうなったかを示したものです。この間テスラ株を売らずにずっと保有してきたとすると100ドルで買ったテスラ株は22,635ドルになりました。それが、ベストの1日間保有していなかったとすると、そのリターンは16,107ドルへと下がるのです。もしベストの2日間保有していなかったとすれば、その間のリターンは12,947ドルとなるのです。3日間になると10,799ドルで、4日間だと9,026ドルであり、5日間だと7,572ドルへとテスラ株の投資の魅力が減ってくるのです。もしベストの10日間にテスラ株を保有していなかったら3,390ドルまで下がってしまいます。

【図表3】2010年6月28日から2022年5月13日までテスラに100ドル投資して保有し続けた場合のリターン
出所:ブルームバーグよりマネックス証券作成

実際、最も上昇した日だけ株式を保有していないということは現実的に考えられませんが、このデータが示唆するものは、売買のタイミングを狙い、株価が上がった時に株式を保有していない時のリスクです。多くの場合、株価の急上昇は突然やってくるのです。

前述の通り、保有しているテスラ株を高くで売って安く買い戻すという意見もあるでしょうが、売却するとその度に税金を払わなければなりませんのでその点にも留意が必要です。

テスラ株の長期的な可能性とは

株式を長期的に保有するのであれば、その企業の長期的な可能性を信じられるかが大切です。先ほどテスラは単なるEVメーカーではないと説明しました。では、テスラの可能性とは何でしょうか。

テスラは既に2023年以降、「セミ」と呼ばれるトレーラーヘッドのEVトラックや、「サイバートラック」と呼ばれるEVピックアップトラックなど未来のEVトラックを生産することを発表しています。

テスラはこれまでの常識では考えられない事業の展開を始めています。例えば、自動車保険というと、従来は年齢や性別、事故歴といったドライバーの属性情報を使って保険金の算定を行なっていましたが、同社は運転手向けに運転行動にもとづいた月ごとの保険料を算定しています。これができるのは、将来の自動運転を可能にする運転支援機能「オートパイロット」向けセンサーデータの活用を行なっているからです。このような算出方法により、同社はこれまでの一律の保険料でなく、運転手に合わせた割安な保険料のプライシングが可能となります。これにより、テスラ車を所有するトータルのコストを下げることができます。

マスク氏は、テスラは2023年5月くらいまでにハンドルを一切触る必要のない完全自動運転車を実現するだろうとコメントしています。同社は2023年には25,000ドルという低価格帯のEV車を発表すると見られていますが、その車にはハンドルがないとされています。

それが実現したら次の展開として、同社はロボタクシーと呼ばれる自動運転タクシー事業を開始したいとしています。タクシーのコストの大半は運転手の賃金とガソリン代です。

テスラは太陽光ソーラー事業も行っており、発電、蓄電の分野も押さえています。つまり、初期投資を行なってしまえば電気代は基本タダですし、自動運転ですから人件費もかかりません。同社によると、タクシーをバスと同じような料金で提供できるとしています。これは既存の自動車業界とは別の市場を新たに作っていくことになります。

また、テスラは既に人を運んでくれる空飛ぶドローンの開発を終えているという見方もあります。マスク氏は、「ボーリング・カンパニー」という会社を設立し、地下にトンネルを掘り、その中を自動運転車で移動することで、地上の渋滞を緩和させようとするプロジェクトも進めています。

このような展開を見ていると、テスラは地上だけでなく、空中、地下、そしてスペースXを含む宇宙といった空間における輸送のプラットフォームを築くことになるように思います。

最近ではマスク氏のツイッター(TWTR)買収について、メディアで大きく取り上げられています。テスラの事業に専念してほしいと思う株主も多いでしょうが、このようなことをするのもマスク氏の才能の1つだと思うと、これは仕方がないことかもしれません。

かなり前からテスラの将来性を見抜き、テスラの株価上昇を当てたことで有名なアーク・インベストメントのキャシー・ウッド氏率いる調査チームは2022年の4月に、2026年のテスラの目標株価は4,600ドルになるだろうと発表しました。強気のシナリオでは5,800ドルであり、弱気のシナリオでも2,900ドルとしています。その価値の6割はロボタクシーとしています。

私は正直、テスラの4年後の価値がいくらになるかわかりません。ただ、テスラの成長はまだ始まってばかりであり、これからも同社は進化し、世間を驚かせていくだろうと思っています。株式投資とは夢を買うことでもあります。同社は十分夢を感じさせる企業であり、その夢は少しずつ実現されていくのだと思います。その過程で、株価は今のレベルより上がっていき、同社いずれ米国株の時価総額1位のアップルの時価総額を超えてくる可能性を潜めているのではないかとすら考えています。

冒頭に触れた私の免許の話ですが、このようにテスラが自動運転のタクシーを始める世の中になるのであれば、ますますあらためて免許を取得する必要性はなくなってくると思っています。