初心者でもわかりやすい金融用語集

ラップ口座

ラップ口座とは、投資に関する様々なサービスを一つのパッケージとして提供し、証券会社などと投資一任契約を結び、運用を一任する専用口座です。

この口座を利用することで、個別に取引ごとに手数料を支払うのではなく、資産額に応じた年間手数料(ラップ手数料)で、取引コストを一定に抑えることができます。

ラップ口座のサービスには、資産運用のアドバイス、 ポートフォリオ ポートフォリオポートフォリオとは、個人や企業、投資ファンドなどが保有する、株式、債券、不動産、通貨、商品などの総合的な投資資産のことを指します。投資家が分散投資を行うことでリスクを管理し、リターンを最大化するために... の管理、投資情報の提供などが含まれることが一般的です。また、顧客の投資目標やリスク許容度に応じて、専門のアドバイザーが適切な投資戦略を提案し、その実行をサポートします。

このような包括的なサービスを受けることで、投資家は複雑な金融市場での意思決定を専門家に委ねることができ、時間や手間を節約することが可能になります。