初心者でもわかりやすい金融用語集

大量保有報告書

大量保有報告書とは、特定の企業の株式を一定の割合以上保有した投資家が、その事実を公的な機関に報告するために提出する文書です。

日本では、金融商品取引法に基づき、上場企業の株式を5%以上保有した場合、保有者は5営業日以内に大量保有報告書を財務大臣に提出する義務があります。この報告書には、保有する株式の数や保有割合、保有の目的などの詳細が記載されており、投資家や市場参加者にとって重要な情報源となります。