初心者でもわかりやすい金融用語集

建玉

建玉とは、金融取引において、投資家が現在保有している未決済のポジション(取引の契約)のことを指します。具体的には、 信用取引 信用取引信用取引とは、投資家が証券会社からお金や株を借りて、株式取引を行う方法です。信用取引を利用することで、投資家は自分の持っている資金以上の金額で株を買ったり、まだ所有していない株を売ったり(空売り)する... 先物取引 先物取引先物取引とは、元となる商品(原資産)について将来の決められた日に決められた価格で売買することを事前に約束する取引です。この取引は、先物市場と呼ばれる専門の市場で行われます。 先物取引は、価格変動リス... 等において、まだポジションを決済(売買契約を終了させること)していない状態のことを言います。

たとえば、投資家が株式市場で株を買った場合、その株を売却して取引を終えるまでの間、その株の保有状態が建玉となります。 ロング ロングロングとは、金融市場において、株式や通貨、商品などの資産を購入し、その価値の上昇を見込んで利益を得ようとする投資戦略のことです。投資家がある資産を「ロングする」とは、その資産を所有し、価格が上がること... ポジションの建玉は買い建玉、 空売り 空売り空売りとは、株式やその他の金融商品が将来価格が下がると予想される時に利益を得るための取引手法です。投資家は、まず信用取引などを利用することで証券会社から現物株式を借りて、現在の市場価格で売ります。その... などのショートポジションの建玉は売り建玉といいます。

建玉の規模や内容は、市場の流動性や価格変動に影響を与えることもあります。